風邪をひくのはいつも悪いことです。 これらの食品を食べても大丈夫ですか?


人は風邪を引きやすいものです。 適切な食生活そのものが、学生の風邪を促進して治すことができますが、間違った食生活は、患者の症状を繰り返させたり、悪化させたりします。 具体的にはどのような食品を避ければよいのでしょうか?


何濟公止痛退熱散

1


風邪をひいているときに卵を食べてもいいですか?


しかし、専門家の中には、風邪を早く治すために、風邪の時にはできるだけ卵を食べないようにすることが大切だと言う人もいます。 しかし、卵は栄養価が高く、食べないことが科学的でないことは確かです。


風邪をひいているときに卵を食べてはいけない」というのは、主に「風邪をひいて熱があるときには、卵、特に目玉焼きやスクランブルエッグを食べないほうがいい」という意味です。 この時に食事をすると体の熱が上がり、その熱が分散できないと病気を悪化させてしまうからです。


2


ハニー


何濟公止痛退熱散

多くの人は咳をしますが、蜂蜜には咳を鎮める効果があります。風邪をひいたときに多くの人が患者の咳の臨床症状を和らげるために蜂蜜を飲みますが、中国の蜂蜜市場は強壮作用が強すぎて、多くの時間をかけて蜂蜜を摂取すると内臓の熱を悪化させることになるので、風邪をひいたときに蜂蜜を多く飲まないようにしましょう。


咳止めシロップや川平ビワ軟膏など、ハチミツを含む漢方薬は、風邪のひきはじめには飲まないほうがいいでしょう。


3


豚肉、鴨肉、羊肉


豚肉の脂肪は、より簡単に湿った痰を助けるために食べる、アヒルの肉の寒さ、寒さの消費は、腸をスリップしやすい、とマトン暖かい熱、風邪が熱を伴う場合は、状態を悪化させないように、マトンを食べてはいけません。


4


パーシモン


柿は寒性で、陰を養い、乾を潤す作用がありますが、風邪をひいている友人にとっては、柿の食べ過ぎは邪気を集めやすく、症状を悪化させ、風邪の治りを遅らせることになります。


5


何濟公止痛退熱散

粗い繊維の食品


風邪をひいているときは胃腸の力が弱っているので、この時期には繊維の粗い食品(トウモロコシ、キビ、ソルガムなど)を食べないようにしないと、体への負担が増えてしまいます。 風邪をひいているときにこのような食べ物を食べると、消化が悪くなり、脾臓や胃腸の負担が増え、腹痛や膨満感を引き起こすこともあります。


6


お茶とコーヒー


コーヒーやお茶に含まれるカフェインやテオフィリンは、学生の脳を興奮状態に導き、脈拍や血圧の上昇にも影響します。


患者は冷たいお茶やコーヒーで、温度上昇、動揺などが表示されるように、また、薬の分解、吸収に影響を与える、薬の効果を減らすので、風邪はお茶やコーヒーを飲むべきではありません。


また、風邪をひいて熱が出た後の食事は軽めにして、塩分の摂取に注意してください。辛い料理には塩分が多く含まれていることが多いので、再び風邪の回復を悪化させてしまいます。


風邪をひいたときには、ヨーグルト、サツマイモ、牛肉、キノコ、ニンニクなど、風邪をひいた学生の回復に良いとされる食品を多めに食べると良いでしょう。


おすすめ記事:


サイエンス・ヒー・ジ・ゴンの痛み止めと熱を下げる効果


分不清寒風和寒風嗎?這三種方法可以在一分鐘內分辨


風邪が肺炎に発展するまでの過程を教えてください。


留言

发表留言

只对管理员显示

搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友